逆光とISOの関係

Monster Hunter-1
[ Exif ] 50mm 1/125 F5.6 ISO200

太陽が入るような撮影をする時には「高速シャッター+絞り開放」を多用しますが、窓から入る柔らかい逆光の場合には「TAvモード+ISO感度調整」で撮影します。
今回は白いレースカーテンを背景にし、白く飛ぶように露出設定しました。

Monster Hunter-2
[ Exif ] 50mm 1/125 F5.6 ISO400

全く同じシャッター速度・絞り値でもISO感度を上げていくことによって被写体の見え方が変化します。上げれば上げるほど「光に溶けていく」感じでしょうか。

Monster Hunter-3
[ Exif ] 50mm 1/125 F5.6 ISO800

ISO感度というのは単に暗いところを撮影する時に上げるだけのものではありません。
ISO感度をカメラ任せのオートに設定しておくことは非常に便利なのですが、場合によっては「撮れるものも撮れなくなったり撮りたくないものも写ってしまう」両刃の剣なんです。

きちんとコントロールして「カッコイイ逆光写真」を撮りたいものですよね。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
写真ブログランキングに参加中です。

コメントをどうぞ

コメントはまだありません

  • コメント by リュータ

    リュータ

    楽しいコメント、待ってます。

コメント投稿について

個人が特定されるような情報や誹謗中傷は書き込まないでください。
コメント掲載後でも、不適切と判断した場合は予告無く改変または削除する場合があります。
メールアドレスの入力は必須ではありませんが、Gravatarに登録済みアドレスの場合はアバターが表示されます。