フルサイズ機に思いを馳せる

石仏[ Exif ]
45mm
1/15
F6.3
ISO400
 
ついに発売されたペンタックスの新機種K-7。
まだ手に入っていないのですが、発売直後ならではの不具合も報告されているようなので「まだしばらくはK20Dでいいかな~」と思っています。
 
と言うか、K20Dにいま急いでK-7を買い増しするという必要性をあまり感じなかった、というのも事実。


K20Dはとても良くできたカメラです。
低感度画像に限って言えば、フルサイズ機を含めても現行カメラの最高レベルだと思います。
強いて欠点を挙げるとすれば、ISO800付近からの高感度画像とAF速度なのですが、逆に言えばそれ以外に不満な点はありません。

もし高感度画像が改善されていたらK-7に飛びついたんだろうと思います。
もう少し高くてもいいから高感度をなんとかして欲しかった。

高感度までK20D低感度並の画質っていうのはAPS-Cじゃ無理なのかな。
やっぱりフルサイズセンサーじゃないとダメ?

K20Dに足りない部分を補えそうなのは5D Mark IIくらいしか思い浮かびませんけど・・・キヤノンのレンズ持ってないしなぁ。

逆光とISOの関係

Monster Hunter-1
[ Exif ] 50mm 1/125 F5.6 ISO200

太陽が入るような撮影をする時には「高速シャッター+絞り開放」を多用しますが、窓から入る柔らかい逆光の場合には「TAvモード+ISO感度調整」で撮影します。
今回は白いレースカーテンを背景にし、白く飛ぶように露出設定しました。

この記事には続きがあります »

廃バスを撮る

Bus-1
[ Exif ] 16mm 1/2500 F2.8 ISO200

以前紹介した(記事は消失)時は、川の対岸で発見したこの廃バスを撮るために約1kmの距離を歩いたのですが、今回は回りくどいことをせず車で現場まで一直線。まずは離れた位置から一枚。

この記事には続きがあります »

恋人岬

Lovers cape
[ Exif ] 47.5mm 1/4000 F2.8 ISO200

太陽が西に傾き始めている夕刻の日本海。撮影した写真はかなりの確率で逆光になりました。
逆光の撮影は露出の設定が難しくAF精度も低下しますので、常に同アングルで数枚RAW撮りします。

この記事には続きがあります »

誰にでも優しいレンズ

Spring water[ Exif ]
31mm
1/13
F10.0
ISO100

FA31mm Limitedは、誰が何をどう撮ってもそれなりの「作品」になるレンズです。特に縦位置で撮影した時の「切り抜いた」感は絶品。

この記事には続きがあります »

1 / 212