続・単焦点31mm一本勝負

Berry[ Exif ]
31mm
1/125
F1.8
ISO250

前回の記事の続きです。

真っ赤な実がキレイです。植物には疎いので何の実がわかりませんけど。
子供の頃だったら試食しちゃってるでしょう、間違いなく。

Maple
[ Exif ] 31mm 1/125 F5.0 ISO320

色づき始めたモミジ。これがもう少しすると赤や黄色に変わるんですね。
いまのところまだ斑模様です。

Bridge
[ Exif ] 31mm 1/125 F1.8 ISO100

小川にかかっていた木材の橋。
朽ちていてちょっと危うい感じですが、良い味を出していました。

Cobweb[ Exif ]
31mm
1/30
F2.8
ISO400

クモが作ったオブジェ。落ち葉が巣にかかって空中で止まっているように見えます。
巣の主は落ち葉がジャマだったのか既に居なくなっていました。

Tower[ Exif ]
31mm
1/15
F10.0
ISO400

おまけ。山間にひっそりとそびえ立つ電波塔。
雨が降り始めてきたので、レンズに当たらないようにそそくさと撮影。

風景撮りに単焦点レンズを持ち出すことはほとんどありません。理由は「入りきらない」「届かない」で歯がゆい思いをする事が多いからなんですが、31mmならそこそこの風景が撮れますね。でもやっぱり街角スナップやポートレートで真価を発揮するレンズだと思います。

次の単焦点レンズ一本勝負は「超」久々にFA35mmF2でもいってみようかな。
FA31mm購入以後使用することが無くなりましたが、使わずにいるのはもったいないですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です